女性特有の原因

薄毛や抜け毛には様々な原因がありますが、女性には、特有の原因があります。
不規則な生活やストレスがホルモンバランスを崩し、
その結果、頭髪に影響が出ることは広く知られてきましたが、
女性はそれら以外にもホルモンバランスが崩れやすい時期があります。
妊娠後期や出産後などがそれらに当たりますが、
他にも、生理が重い人などもこれらの悩みを抱えている人が多いようです。

妊娠後期や出産後は、ホルモンのバランスが崩れやすく、
そのため抜け毛などが多くなりがちですが、長く症状が続くことはありません。
徐々にホルモンのバランスが戻り、それと共に症状も落ち着いてきますが、
その状態がストレスになり、様々な薄毛予防の対策を考える方もいらっしゃるかもしれませんが、
産後一年ほどで症状は収まるので、あまり考え過ぎず、気楽に過ごすことをお勧めします。
どうしても気になる場合は、担当の医師などに相談し、
不安を取り除いてもらうようにするといいでしょう。

ホルモンバランスだけでなく、血行不良が原因でそれらの症状を起こしやすいのは、
生理が重い人や冷え性の人、夏場、極端に冷房が効いた場所で働いている女性などです。
常日頃から手足の先が冷たくなりやすいなど、思い当たる症状のある方は、
身体を温める成分を含んだ食品を摂るなど、体質の改善を試みることで、
脱毛などの症状が緩和されるだけでなく、薄毛予防にも繋がります。

小さな症状でも気になるのが薄毛や抜け毛ですが、思い詰めて悪化させてしまわないためにも、
グッズやサプリメント、医師のアドバイスなどを上手に取り入れて、
体質や状態の改善を心がけましょう。

ショックを受ける前の正しい抜け毛対策 > 女性特有の原因